Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ブログランキング参加中
ご協力お願いします。 人気ブログランキングへ
Profile
一回は目を通してください
(お願い事項があります)
Sponsored link


TheResponse
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Links


マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
mobile
よろしければ携帯からも
ご覧下さい。
qrcode
携帯でこのQRコードを
読み取って下さい。
Sponsored link
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM






  • seo
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
社会復帰宣言

ついに今週木曜日(2/19)より、社会復帰します。

今朝、会社の上司に連絡し、今週木曜日から出勤することを
宣言しました。

実は先週、事前に総務担当者と話をしていました。
その時は、具体的な日は決めていませんでした。
週末で考え決めました。

もし休み続けた場合、有給休暇は来週月曜日までの分で、
終了でした。
少し休暇を残したのです。

来年度の有給が付与されるまで、1ヶ月ほどあります。
その間に何かの用事で休暇が必要となった場合、
欠勤扱いになると困るためです。

出勤することは社長の耳にもすでに届いているそうで、
結構おおごとのようです。

休んでいた理由が、会社嫌いなどではないので、
それほどプレッシャーはないのですが、
4ヶ月以上もずっと休んでいたため、少し緊張します。
何となく新入社員の気分です。

でもまだやり残したことがあり、行きたくない気分もあります。
「本職以外の稼ぎ口を確立する」という目標が、
ほとんど達成できていません。
それにこのブログもあまり書けなくなるかもです。

当面はサービス残業もせず、時間を作り、
対応していきたいです。

ぷあっぷあ

posted by: ぷあっぷあ | 私の体調について | 15:19 | comments(0) | trackbacks(0) |-
私への会社の対応

昨年10月からずっと会社を休んでいますが、
9月の段階ではまだ出たり休んだりしていました。
当時はまだ、喘息ではなく、風邪が治らない、
と信じていたのです。
上司からは、治るまでしっかり休むよう、提案があり、
休むようになりました。

気がつけば1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月と休んでいました。

さすがに長くなってくると、総務担当者も心配になり、
私の自宅に訪れて話をするようになりました。
体調のことだけではなく、自己破産の件も話をしました。
自己破産の件は、
会社の人間には基本的に秘密にするつもりですが、
他言しない約束で、総務担当者だけに話しました。

やはり、ひどく落ち込んでいるのではないかと、
体調だけではなく、心的なことも気にかけてくれました。
私自身、「休みが長くなり心配」であることを述べると、
「心配しないで休んでいいから」
といってくれました。
何ヶ月も会社に貢献してないのに。

最近は不況で派遣社員だけではなく、
正社員も切られてもおかしくない状況です。
私の会社も確実に影響を受けて売り上げは落ちています。
それでも、社員の健康と雇用を守ってくれるという、
会社の姿勢に感謝です。

この長期休暇チャージ期間だと考え、社会復帰したら、
パワーアップして貢献していきたいと思います。

いよいよあと1週間くらいしか有給期間はありません
会社生活が始まると、ブログの更新が減るかも知れないです。

ぷあっぷあ

posted by: ぷあっぷあ | 私の体調について | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) |-
そろそろ社会復帰かな

昨年10月から4ヶ月以上にわたり、
体調不良のため、ずっと休み続けています。
しかし、このモラトリアム状態
そろそろどうにかしないといけません。

実は2月下旬くらいで有給休暇がなくなります
来年度になればまた有給は発生しますが、
それまで1ヶ月ほどあります。
安月給とは言え、家族を支える給料です。
欠勤扱いで給料カットされると、もう大変。
生活が厳しくなるどころか、
自己破産資金も出せなくなってしまいます。
給料以外でまとまった額を稼げていれば何とかなるのですが、
現状ゼロです。

こうなれば多少息苦しくてもとにかく出勤です。
・事情を説明して、軽作業で定時上がりでしばらく勤務。
・そして時間を捻出して稼ぎ口の確立に費やす。
こういったプランで社会復帰でしょうか。
最初はメールチェックだけでかなりの時間を費やしそうですが。

まあ、これだけブランクが空けば、
いきなり元の業務に戻るのはムリでしょう。
かなりハードでしたから。
朝7時から夜21時、現場作業からデスクワーク、
検査、出荷、営業まで、何でも屋でした。
上司からは残業するなと言われ、
妻からは残業代がつかないと文句を言われ、
趣味のようなサービス残業が続いていました。

それでも戻る場所があるだけ幸せです。
いや、もしかしたら居場所ないかも。

ぷあっぷあ

posted by: ぷあっぷあ | 私の体調について | 12:49 | comments(0) | trackbacks(0) |-
潜在意識の仕業なの?

強烈に願うと潜在意識の力でその通りになってしまう。

トリックスターとか運命のイタズラとかいうのでしょうか。
「ぶっ壊して、もっと良くする。」
何かで読んだ事があります。

「現状の生活に満足はしていないが、
それを変える勇気も時間もなく、
自分の願望を抑え込んで悶々と過ごしている。
そこで潜在意識が働いて
事故や病気を引き起こすことによって現状を打破し、
自分が望む方向へ導く。」

という内容です。
事故や病気が、会社を辞めたり、じっくりと考えるきっかけとなり、
人生を変え、自分を飛躍させる可能性が生まれるのです。

喘息の原因について考えていたときに、
今の自分の状態に当てはまるのかな、と思いました。
仮説ですが、
・給料は安いがお金が必要
・会社勤めであまり時間がない(出勤している場合)
・今のまま続けていても現状は変わらない
 (大幅な昇給は見込めない)
・とは言え、変えることもできない
→だから、潜在意識は喘息になってしまおうと働いた。


学校に行きたくないとおなかが痛くなる、というのに似ていますね。
私は経験ありませんが。

強く願えば病気を引き起こしてまでも叶えようとする潜在意識、
本当に強力であり、危険でもあります。
私の喘息が潜在意識によるものなのかは、誰も知りません。
しかし、潜在意識のパワーを体験したような気がします。

その一方で、早く治したいと願っているのも確かです。
毎日毎日喘息で苦しく、正直しんどいです。

国内でも年間6000人もの方が喘息で亡くなるといいます。
私も咳の発作で死にそうなくらい苦しくなることがよくあります。
昼とか症状の軽い時間帯はケロッとしているのですが。
そのギャップは、他人には信じられないほど不思議に
見えると思います。

本心では早く良くなりたいと願い、
ヤキモキして過ごす日々です。

ぷあっぷあ

posted by: ぷあっぷあ | 私の体調について | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0) |-
やっぱり病んでるの?

大型病院で気管支喘息と診断されてから、
薬による治療を続けています。
喘息であることを意識して生活していますが、
喘息の原因について、いまいち明確にわかりません。
そこで、WEBで調べてみました。

喘息になる要因としていろいろ挙げられています。
体質、環境、生活習慣、ストレスなど、いろいろな要因が
絡み合って症状が現れているようです。
よって、原因を一つに特定するのは難しいそうです。

主なものを挙げてみます(他にもまだまだあると思いますが)。
・体質
 アトピーなどアレルギー体質だとかかりやすいようです。
 子どもに多いそうです。
・環境
 布団、じゅうたんなどのダニ、ハウスダストがアレルゲンとなるようです。
 他にも気管を刺激するような、汚れた空気は良くないそうです。
 家の換気、掃除をしましょう。
・生活習慣
 タバコは絶対ダメ酒も良くないそうです。
・ストレス
 どんなタイプのストレスか、具体的にコレ、という表記は
 なかなか見つけられませんでしたが、
 とにかくストレスは良くないそうです。何かくせ者ですね。

そしてWEBで更にいろいろ見てみると、
心的要因も絡んでいる、としているページもあるのです。
中には「治す気がないと治らない」というような厳しい表現もありました。
そういえば知り合いで「喘息は心の問題だよ」と言っていた人がいました。

この点で思い当たることが。
会社を休み始めた初期の頃は、風邪による体調不良と信じていたため、
とにかくよく寝るようにしていました。
しかし寝ても寝ても良くならない日々が続き、
昼に寝ている時間はだんだんと短くなっていきました。
それに伴い、起きている時間は、本業以外に稼ぐ方法はないか、
いろいろ模索する作業に費やすようになっていきました。
今では昼寝すらしていません。

現在の私は、安月給で残業も付きません。
自己破産するにあたり、お金の不安がいっぱいです。
それとタイミングを同じくして、会社を休むことになり、
何とかできそうな時間があるわけです。
そこで、ネットで稼ぐ方法をいろいろあさりました。
これが前に書いた「稼がなあかん」です。
しかしなかなかコツがつかめず、
まだまだ稼げるところまで達していません。
心のどこかに、「このまま病気が治らないでほしい」、
という願望が潜んでいるのでしょうか。

とすれば、ある意味やっぱり病んでいるのかも知れません。

心療内科で診断された「落ち込んで・・・」ではなく、
〔槁犬鮹成するまでは時間が必要
△世ら会社を休む必要がある
だから病気が治らない方がよい

という理由で。

もし私の喘息に心的要因が大きく占めているとすれば・・・、
解決策、治療方法
「会社給料以外で、月に10万円以上安定して稼げるようになる」
これを達成できれば、治ってしまうかも知れません。

これは、あくまでも仮説ですが、本音っぽくて、何かおそろしいです。

ぷあっぷあ

posted by: ぷあっぷあ | 私の体調について | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0) |-
もしかして病んでるの?

前に、私の体調について書きましたが、
実は心的要因が関わっている可能性もありそうなのです。

大型病院に行く前に3件の内科に通いました。
2件目に通った内科では、風邪が完治しない状況を説明すると、
半分バカにしたような態度で、
「心療内科にでも行ったら。」
と言われました。
「ただの風邪のくせに」とでも言いたそうでした。
それ以降はその内科へ行くのはやめました。

その後、一応医師のアドバイスを考慮して、
心療内科を併設している3件目の内科へ行きました。
同時に心療内科でも診てもらいました。

心療内科では、チェックシートや問診でいろいろと状況を聞かれます。
もちろん自己破産の事も話をしました。

診断結果は、
「のどにダメージを受けて、風邪を引きやすくなっているところに風邪を引いた。
そこに自己破産の件が重なり、心が落ち込んでしまい、免疫力が低下して、
風邪が治りにくくなっている。」
ということでした。

何となく、なるほど、とは思いましたが、腑に落ちないところもあります。
自分自身、落ち込んでるつもりはありません。そんな暇はありません。
逆に、「がんばらなあかん」、という気持ちです。
「稼がなあかん」という思いでギラギラしています。
それに不眠もありません。布団に入ればすぐに眠れます。
しかし、
「自分で自覚がなくても、少なからず影響を受けているはず」
と言うのですが。

心療内科では「元気になる薬」と称してうつの薬を処方してもらい、
内科の治療とあわせて服用を続けました。
しかし、状況は変わらずです。
うつの薬を飲んでも気分も体調も変わりません。
やっぱり私は落ち込んでいないと実感しました。
だってそうです。
この程度のことで落ち込んでいるくらいなら、
今まで仕事で受けた心的負担やストレスで
とっくにこの世にはいないのではないでしょうか。

心療内科を受診した感想は、
医師の方針や考え、経験にもよるのかも知れませんが、
あくまでも今回のケースに限って言えば、
自分でも分かりきっている要因を挙げていくだけで、
大したことないな、というのが本音です。

内科の要素だけではなく心的要素や環境、生活様式、生活習慣など
あらゆる要素を組み合わせて、総合的に診断するようなのですが、
例えば、「ネコを飼っている」と言えば、「ネコのアレルギーの疑いあり」とか
誰でも推理できるような、その程度という印象です。
自分のケースが心的にそれほど根が深くなかったからかも知れませんが。
もっと、自分の知らない自分を引き出してほしかったなぁ。

心的には私よりもむしろ妻の方がヤバイかも知れません。
保証人を誰にするか5」でも触れましたが、
心配で夜眠れなかったりしています。
早くけりをつけて、ゆとりを取り戻し、安心させたいものです。

ぷあっぷあ

posted by: ぷあっぷあ | 私の体調について | 15:27 | comments(0) | trackbacks(1) |-
喘息と風邪

大型病院へ行って来ました。

気管支喘息の疑いがあるということで、
前回からの経過を見るため、2回目の通院になります。
(これまでの状況は「私の体調について」で書いています)

前回から約2週間の経過をみるためでしたが、
実は先週金曜日よりずっと風邪を引いていて、
正確なことがわからないということで、
薬だけ処方してもらい、また3週間後に
行くことになりました。
(予約が混んでいて3週間後です)

経過を見るというのは、喘息の薬を毎日使用して、
その効果を本人の感覚と装置による検査で確認することです。
自分の感覚としては風邪で苦しいため、
改善効果など全くわかりませんでした。
装置による検査というのは、呼吸量により気道の通気量を
測定するものです(今日は検査しませんでした)。
時間当たりの量が細かく測定でき、グラフ化されるので、
その人の呼吸の仕方が目に見えてわかります。
ちょっとした動きでもとらえてタイムリーにグラフ化するので、
なかなか面白いです。

喘息は気道が炎症を起こし、むくんで気道が狭くなる上に、
気道内に痰が発生するため、呼吸が苦しくなります。
その状態を他人が見えるようにできるのこの装置は、
本当にすばらしいな、と思いました。

4週間分の薬をもらいましたが、約2000円です。
これから先、しばらくは毎月この出費が続くことになりそうです。
(出費が痛い)

昨年12月以降、3〜4回くらい風邪を引いていますが、
病院へは行っていませんでした(風邪としては)。
もう風邪だかなんだかわからない状態ですが。
こうなると行っても行かなくても変わらない気がしてきます。
しばらくの間、普通の風邪の場合、できるだけ病院へは
行かないつもりです。

それにしても、最近、本当に風邪を引きやすくなりました。

ぷあっぷあ

posted by: ぷあっぷあ | 私の体調について | 17:33 | comments(0) | trackbacks(0) |-
私の体調について

私は普通の会社員ですが、実は昨年10月あたりから
会社に行っていません。
体調不良でずっと休んでいます。

症状は風邪の治りかけのような状態が続くというものです。
熱はないのですが、喘息のような呼吸の苦しさが続き、
夕方、夜になると咳が出やすくなります。

のどは痛かったり、何ともなかったりですが、
常に痰が絡んでいます。
日によって、程度の大小はありますが、完治しないのです。
そして風邪を引きやすくなっていて、風邪を引くと、
その治りかけ状態に上乗せされて、症状が重くなる感じです。

きっかけは風邪を引いたことでした。
8月後半に風邪を引きはじめました。
症状がひどいときは会社を休み、治りかけると出勤していました。
それで9月は半分くらい出勤しました。
しかし、治らないまま細く長引いている感じだったので、
思い切って完治するまで休むことにしました。

実は9月前半頃まで数ヶ月間、ある活動の一環で
毎朝大きい声を出していたので、
それによりのどが大きくダメージを受けていた可能性もありました。

一般に言う風邪のほとんどは「上気道炎」などと呼ばれます。
のどから上側の気道で、ウイルスにより炎症が起こる症状です。
それよりも下側の気道にウイルスによる炎症が進行すると、
「気管支炎」とか「肺炎」になり、より危険となります。
のどがダメージを受けているとウイルスの影響を受けやすくなるので、
風邪を引きやすく、治りにくい、傾向となるようです。

結局10月から現在までずっと休んでいます。
その間、内科に通い続けました。
受診してもなかなか良くならないので、途中で病院を変え、
合計3件の内科に通いました。
診断結果はどの医院でも同じで、肺炎、結核などではなく、
ただの風邪と言われました。

私は元々風邪を引きやすい方でしたが、
大抵一週間もあればほとんど治るものです。
しかし、今回は薬を飲んでも注射をしても症状は効果なしでした。
一日のほとんどを寝て過ごしたり、ビタミン剤を飲んでみたり、
いろいろ風邪が治る方法を試してみましたが、効果なしです。

通院にはお金がかかるので、様子を見る意味も含め、
12月以降は自己治癒力を信じて通院と薬をやめました。
良くも悪くもならず、体調に変化はなしです。

休みが長引いていたので、会社からは、
大きな病院で検査してもらうように言われていました。
とは言え、お金がないので、しばらく行かずにいました。
しかしさすがにこのままだと本当にヤバイので、
市営の大型病院へ行くことにしました。
事前に電話で確認すると、支払いに関しては相談に乗るので、
お金がなくてもまずは受診してくださいとのことで、安心しました。

3件目に通っていた内科から紹介状を書いてもらい、
大型病院へ向かったのが先週の月曜日です。
これまでの経過、検査結果から判断して、
喘息の疑いありとのことでした。
吸入と気管支拡張剤を処方され、
二週間様子を見ることになりました。
そして二週間経過した明日、再び大型病院へ行きます。

ぷあっぷあ

posted by: ぷあっぷあ | 私の体調について | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) |-