Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ブログランキング参加中
ご協力お願いします。 人気ブログランキングへ
Profile
一回は目を通してください
(お願い事項があります)
Sponsored link


TheResponse
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Links


マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
mobile
よろしければ携帯からも
ご覧下さい。
qrcode
携帯でこのQRコードを
読み取って下さい。
Sponsored link
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM






  • seo
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
妻宛に届いた按分弁済2
(妻宛に届いた按分弁済からの続き)

司法書士からの速達郵便で、
私から妻への按分弁済を知らされたわけですが、
妻としても私としても、とても複雑な心境でした。

車のローンを私名義から妻名義にしたとはいえ、
あくまでも名義変更であり、変更前と変わることなく、
私の収入がメインで家計が成り立ち、生活しています。
(私が支払っているようなものです)

そもそも、私が自己破産手続きへ至るのも、元はと言えば、
妻の借金を一方的に背負わされたことに始まります。
(「高額借金者になった理由」参照)

当然ながら、私が妻から借金をしたなどという感覚は
ありませんでした。
(しかもローンの支払いは今春には完済していましたし)

しかしそれより何より心配なのは、
「受け取って良いものか?」
という点です。

妻も自分が借金を作ったという負い目がありますし、
ここの世帯でそういうお金を受け取る資格があるのか、
疑問に感じました。

そこですぐに司法書士に電話をして確認しました。
回答は、「ぜひ受け取ってください。」とのことでした。
これは手違いとかではなく、
按分弁済のルールに基づいた手続きであり、
司法書士より裁判所へ確認済みの内容だそうです。
ここで受け取りを拒否すると、逆に難しいことになるようです。
「偏ることなく平等に分配する」という、
按分弁済の定義に則った上での手続きなんですね。

これで一安心です。

気兼ねなくいただくことにしましょう、
私の退職金積み立てからの分配金を。
といっても、妻の口座に入りますが。
(妻の臨時収入になるだけで、私には何もありません)

ぷあっぷあ

JUGEMテーマ:借金地獄
posted by: ぷあっぷあ | 自己破産への道 | 03:44 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 03:44 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://puappoor.jugem.jp/trackback/75
トラックバック