Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ブログランキング参加中
ご協力お願いします。 人気ブログランキングへ
Profile
一回は目を通してください
(お願い事項があります)
Sponsored link


TheResponse
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Links


マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
mobile
よろしければ携帯からも
ご覧下さい。
qrcode
携帯でこのQRコードを
読み取って下さい。
Sponsored link
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM






  • seo
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
自動引き落としにできない事情
前回、「免責対象外」で、
各種料金の支払いを自動引き落としにできない事情がある、
と書きました。

その理由は主に2つあります。
.レジットカードからの引き落としができないため
銀行口座にあまりお金を入れておけないため

どちらも、自己破産しようとしている、
今の私の状況に関係しています。

,賄然ながらカードを持っていないため、不可能です。

司法書士に依頼し、受任となってからは
クレジットカード業者からの請求は止まりましたが、
同時に信用も失いました。
そして持っていたカードは全てはさみを入れ、司法書士に送りました。
それ以前は携帯電話料金などは
クレジットカードからの引き落としにしていました。

△話甘の司法書士からの指示です。

受任により各債権者からの請求は止まり、
支払いも止めています。

しかし実際のところ、まだ免責にはなっていません
現状では借金は帳消しになっておらず、
当然支払い義務は残っているわけです。

そのような状態なので、銀行口座にある程度の金額があると
業者から引き落とされてしまう可能性があるそうなのです。
もし引き落とされてしまっても、
それは支払うべきお金を支払ったことになるわけで、
文句は言えませんし、戻してもらえないでしょう
そうなると、生活費がなくなり、生活が困難になってしまいます。
(ToT)

このような理由で、各種料金をわざわざ窓口から支払っています。

ただ、△砲弔い討新規に銀行口座を開設すれば・・・
解決することですね。
確かにそうですが、様々思うところがあって。

今の中途半端な状態は一時的なものであり、
ずっと続くわけではありません。
そのためだけに新規に口座を開設し、
各種引き落としの手続きを進めるのも手間かなと。
それに、給与振込口座も変更しなければなりません。
また、1人で1銀行につき1口座しか開設できない時代なので、
そうなると、使いやすい慣れ親しんだ銀行が使えなくなります。

いずれにしても、このような不便な状態から脱出するため、
早いところ、退職金の積み立てを完了させて(「審尋1回目-2」参照)、
次の段階へ進めるようにしたいと思います。

ぷあっぷあ

JUGEMテーマ:借金地獄
posted by: ぷあっぷあ | 自己破産への道 | 05:18 | comments(2) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 05:18 | - | - |-
はじめまして。
私は経営していた会社を倒産させ、現在自己破産を申請しております。
理由は異なれど、状況はよく似ているなぁと思ったのでコメントさせてもらいました。
私は順調にいけば7月には免責が下りるのですが、決まっていないので正直不安は残ります。
色々大変だとは思いますが済んでしまったことはどうしようもないので、前を見つめて乗り越えていきましょう。
| 倒産社長 | 2010/05/31 3:21 PM |
倒産社長さん、コメントありがとうございます。
詳細な事情はわかりませんが、
「免責が近そうだけどまだなので、ちょっと不安」
という状況は似ていますね。

私としては、その時点での最適な選択として
自己破産という道を決断したつもりなので、
過去はあくまでも過去と考えています。
とにかく良いと思う方向へ進むしかないですね。
| ぷあっぷあ | 2010/06/12 6:34 AM |









この記事のトラックバックURL
http://puappoor.jugem.jp/trackback/70
トラックバック