Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ブログランキング参加中
ご協力お願いします。 人気ブログランキングへ
Profile
一回は目を通してください
(お願い事項があります)
Sponsored link


TheResponse
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Links


マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
mobile
よろしければ携帯からも
ご覧下さい。
qrcode
携帯でこのQRコードを
読み取って下さい。
Sponsored link
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM






  • seo
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
欠勤解雇の可能性2
(欠勤解雇の可能性からの続き)

会社のルールにより、私は2009年7月以降欠勤すると、
問答無用で解雇という状況となってしまいました。
(経緯は欠勤解雇の可能性を参照ください)

今後一切欠勤が許されないのです。
会社を休むなら有給休暇の範囲内にしなければなりません。

そのような追いつめられた状況で、
欠勤→解雇という最悪のシナリオを回避する策として
上司より提案がありました。

それは、休職することです。

来年度の有給休暇が付与されるまでの間、休職するということです。
なるほど、そうすれば、とりあえず今年度は欠勤せずに乗り越えられるし、
来年度には有給休暇が20日間付与されて、
今残っている10日間と合わせて有給休暇は合計30日間になります。

しかし、休職は本来、ケガや病気、その他の理由などで、
一定期間仕事に就けない場合に利用するものです。
つまり一定期間後は戻る見込みがある場合に有効なのです。

しかし、私の場合は喘息です。
一定期間で治るという性質の病気ではありません。
「治る場合もありますが、一生つきあっていくつもりでいてください。」
と医者からも言われています。
薬で症状が軽くなるとしても、喘息は気管支のアレルギーです。
気管支が過剰反応するという体質なのです。
アトピーでも花粉症でもソバアレルギーでも、
半年休んで治るなんて話は聞いたことがありません。

さらに、休職すると収入が少なくなります。
総務担当者の話によると、休職すれば一応、
給料の何割かは保険により補償されるそうですが
手続きが面倒なようですし、確実に収入は減ります。
自己破産には有利な条件かもしれませんが、
生活自体がまわらなくなりそうです。

このような理由から、正直なところ、休職する、という案には
気が乗りませんでした。

それに、今年度休職したとして、
また来年度同じような状況になってしまった場合、
どうするのでしょうか。
また休職?
おそらく、そうなってくると、もうムリではないでしょうか。
二度あることは三度ある、十分起こりうることだと思います。
毎年そんな状況だと、すなわち、社会生活できない事になります。
喘息の私の立場からすると、休職によって
一時的に欠勤を回避したり、有給休暇を増やしたりできても、
根本的問題を解決できるわけではありません。
上司には「考えておきます。」と答えました。

この話があったのは5月の連休明けすぐの頃、
それはたった1ヶ月で10日間も休んだ直後のことだったので、
当時はホントに切迫した事態でした。

しかし6月中頃となった今現在、有給休暇を減らすことなく、
1ヶ月間乗り越え、五月病にもならず、元気に(?)生活しています。

この調子なら残り10日の有給休暇で
今年度を乗り越えられるような気がしています。
それに仕事ではテーマらしきものもいただき、
復帰直後に比べると、仕事が面白く、やる気も増しています。

今の私には休職という選択はありえないです。

ただ、今後何があるかわかりません。
インフルエンザなんかにかかったらどうなるか。
テレビでは喘息患者はインフルエンザに要注意としています。
確かに、どれだけ大変なことになるか、想像がつきます。
発作が死ぬほど苦しくなるでしょう。

さらに、インフルエンザとなれば、
強制的に会社を休まなければなりません。
そう考えるとインフルエンザは私にとって、クビへの近道です。
その際は休職を行使するかもしれません。

休職は最後の手段としてキープしておきたいと思います。

ぷあっぷあ

JUGEMテーマ:仕事の悩み
posted by: ぷあっぷあ | 会社でのこと | 07:49 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 07:49 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://puappoor.jugem.jp/trackback/35
トラックバック