Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ブログランキング参加中
ご協力お願いします。 人気ブログランキングへ
Profile
一回は目を通してください
(お願い事項があります)
Sponsored link


TheResponse
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Links


マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
mobile
よろしければ携帯からも
ご覧下さい。
qrcode
携帯でこのQRコードを
読み取って下さい。
Sponsored link
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM






  • seo
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
欠勤解雇の可能性
5月の中旬、ちょうど連休後くらいに上司に呼び出されました。
今後どうするかと。

実は、4月中だけで今年度の
有給休暇の半分を消化してしまったのです。

前年度は有給休暇を全て使い切っていました。
さらに欠勤まで。

やっと今年度になり有給休暇が20日付与されたましたが、
4月だけで体調不良やら所用やらで
10日も休暇を使ってしまったのです。
このペースでいったら、1年間もつのかどうか。
誰だって思いますよね。
自分でも不安です。

それで、何がヤバイかというと・・・、
・休みが多くなって仕事に影響が出るから?
・有給休暇がなくなって欠勤すれば給料が減るから?
確かにそうですが、それ以上にヤバイことがあります。

それは・・・、
クビ、解雇の可能性です。

同じ理由による欠勤が3ヶ月以上におよぶとクビ
になるというのです。
それは連続3ヶ月以上欠勤すれば、という意味ではなく、
最初の欠勤から3ヶ月以上経過後に欠勤すれば、という意味です。

欠勤が3ヶ月以上におよぶ
→3ヶ月以上かけても欠勤の原因が解決されない、
→長期にわたり勤務に支障をきたす、

つまり、会社生活が困難、と見なされる、ということのようです。

私の場合、喘息による体調不良で2009年3月に欠勤しています。
それを起点として3ヶ月ということは2009年6月、今月です。
ということは7月以降、喘息関係を理由に欠勤してしまうと、
否応なしにクビになってしまいます。
2010年3月まで10日以内の休暇で済めば
問題ない話なのですが。

通常の健康体であれば難なくクリアできることなのですが、
今の状態を考えると・・・、
・風邪を引きやすい→[喘息+風邪]=かなり重傷
・風邪を引かなくても体調に波があり苦しくなることもある
といった感じで、休みが多くなりそうなのです。

5月以降、今日までは体調を崩さず何とかやってこれています。
(でも喘息の苦しさは常にあります、特に夜はキツイ)
それは徹底してマスクで風邪やインフルエンザを
防御してきた成果だと思います。

今後もしばらくは(一生?)マスクは欠かせないと思います。
とは言え、マスクも万全ではありません。
それに体調の波もあります。
他の予期せぬ事もあるかも知れません。
いずれにしても、
今後は一切欠勤できないことになります。

つまり、

あなたは、
喘息で体調を崩しやすく、
4月だけですでに10日間休暇を使用しましたが、
あと10ヶ月間、
10日以内の休暇で
乗り越えられますか。

という事実を突きつけられたのです。

欠勤→解雇という最悪のシナリオを回避するため、
上司より、ある案が出されました。
それは・・・。

ぷあっぷあ

JUGEMテーマ:仕事の悩み
 
posted by: ぷあっぷあ | 会社でのこと | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 07:29 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://puappoor.jugem.jp/trackback/34
トラックバック