Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ブログランキング参加中
ご協力お願いします。 人気ブログランキングへ
Profile
一回は目を通してください
(お願い事項があります)
Sponsored link


TheResponse
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Links


マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
mobile
よろしければ携帯からも
ご覧下さい。
qrcode
携帯でこのQRコードを
読み取って下さい。
Sponsored link
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM






  • seo
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
肝に銘じておくこと2
肝に銘じておかなければならないこと。
「自己破産は誰かに迷惑をかける」
だから
「できることなら自己破産せず返済したい」
(肝に銘じておくことより)
確かにそうなのですが、司法書士などに相談した上で、
総合的に判断して返済が難しい場合は自己破産すべきだと思います。

返済額に対し、収入状況や生活状況、財産などを考慮して、
確実に返済していけるようでなければ、
将来的に家族や子供、親戚、会社、友人などに
迷惑をかけることになりかねません。
だからといって、自分の命をもって責任を取る、などの行為は、
まして身内に迷惑をかけます。

それよりだったら、自己破産しましょう。
法で認められているのだから。

貸し主には迷惑をかけます。
しかし貸す側も、「返してもらえないリスクがある」
ということを承知の上で貸しているのです。
その代償として利子、利息を取っているわけです。
返してもらえないのが嫌なら貸さなければいいのです。

貸す側、借りる側、それぞれ事情があります。
返済が難しいと判断した時点で、後ろめたいことだと考えず、
すぐに決断した方がみんなのためだと思います。

私の場合は子供が3歳で、まだわけが分かっていないので、
良かったと思います。
子供が小中高くらいだと、
おそらく、だまっていても自己破産のことを察するでしょうし、
言っても言わなくても、無駄に悩ませることになると思います。

自己破産しても、言わなければ会社、友人など、
周りの人にはまずばれません。
官報に自己破産の情報が載るといいますが、
一般の人で見る人はまずいないと考えていいでしょう。
だから黙っていればいいのです。

あと、自己破産による制限が付くのは本人だけで、
本人以外の家族や子供には制限はありません。
ただし、自己破産者の家族だということを言ったりした場合、
例えば就職の際などは、相手の心証的に影響が出るかもしれません。
でも、黙っていれば全く問題ありません。

ただし、自己破産者は普通に生活していても、
肝に銘じておくことは、忘れてはいけません。

ぷあっぷあ

JUGEMテーマ:人生論
posted by: ぷあっぷあ | 自己破産への考え | 06:53 | comments(0) | trackbacks(1) |-
肝に銘じておくこと

「自己破産は誰かに迷惑をかける。」
自己破産をする者、自己破産者は必ず、
これを肝に銘じておかなければなりません。

どのような理由があるにしろ、自己破産するということは
借金を帳消しにすることで、貸主に迷惑をかけることになります。
自分は悪くないからとか、法で認められているからといっても、
関係者に迷惑をかけることに変わりはありません。

自己破産に限らず、他の債務整理でも程度の差はありますが、
同様だと思います。
減額してもらったり、延滞料をまけてもらったりするわけで、
やはり、迷惑をかけることになります。

ある日、WEBで自己破産について検索していたときに、
自己破産者について、ボロクソに書かれた掲示板にたどり着きました。
掲示板の匿名性ゆえの特徴なのでしょう。
かなりひどいことが書き込まれています。
ここでは、具体的な内容の列挙は避けますが、
自己破産当事者としては本当に心が痛くなるような言葉が
並んでいます。(○ね、とか)

おそらく、世の中の厳しさなどまだまだ知らないような若者による
冷やかしのような誹謗中傷な書き込みがほとんどを占めているように
見受けられました。
なかには、いろいろ経験した人による書き込みも見られました。
もちろん、自己破産者による書き込みもありました。
さまざまな意見が飛び交い、そこでいろいろ考えさせられました。

でもトータル的に見て、確かにみんなの言う通りなのです。
「借金を踏み倒してのうのうと生きてる。」
青臭い何も考えていないような攻撃的な意見でも、
それが世間一般が思っている本音なのだと思います。

自己破産する者は犯罪を犯すわけではないのですが、
あまり堂々と言えるようなことでもないのです。
もしかしたら、自己破産者に借金を踏み倒され、
地獄を見た人間がすぐそこにいるかもしれません。

だからといって、自分を卑下するのは良くありません。
合法的に再スタートのチャンスを得たのだから。

その先の人生、他の人のためになるよう、
生きていけばいいのではないでしょうか。
別になにかの宗教とかではありませんが。

でも、私利私欲ゆえに借金を作ってしまった人に限っては、
本気で考え方、生き方を見直さないと何も変わらないのかな、
と思いました。
そのままだと、「借金がなくなった、ラッキー。」とか言って、
また借りて同じ事になってしまうでしょう。

私はまだ現時点では自己破産はしていません。
司法書士へ費用を全額納めてからになります。
今でも思っているのですが、
できることなら返済したい。

他の方のブログなどを見ていると、自己破産せず、
自力で返済しようと努力している方も結構いるのです。
確かに収入や状況の違いはあるのですが、
そういう人は本当にすばらしいと思います。

ぷあっぷあ

JUGEMテーマ:人生論

posted by: ぷあっぷあ | 自己破産への考え | 02:58 | comments(0) | trackbacks(1) |-